上海嘉帆醫薬科技有限公司

醫療改革フォーラム:政策の最善化、醫療改革の合理性を一層高める

醫薬経済報2012年10月15日第117期

(著者:中國醫薬企業管理協會會長 于明徳)


2012年以來、政府は醫薬改革の一層強化にむけて、國務院の[2012]11號公文書など一連の政策を続々と打ち出した。醫療改革を強化するのに様々な困難と向き合うことがあるが、合理的な新政策は、新醫療改革の明るい未來を切り開いてくれた。公文書の主旨は以下のようである:

1.品質優先を重ねて強調、価格の合理性を正しく指導

基本薬物の品質評価基準と評価方法をさらに改善したことは、客観的に薬価が低ければ低いほどがいいとという傾向を正し、醫療改革を科學的な発展の軌道に取り戻させることを指導する。國際的な高い水準に達したジェネッリク醫薬品について、価格設定、入札?仕入の面でのサポートを與え、企業の基本醫薬品の品質を高めることを勵ます。

2.市場経済メカニズムを促進

政府の指定方式ではなく、醫療保険の運営機構と公立病院との対話を通じて行う方式を次第に実現させ、サービス範囲、支払い方式、支払い基準及びサービスの品質を決める。

3.民営病院を大幅に発展させ

原則的に公立病院の規模を拡大しない。2015年までに非公立病院機構のベット數と患者數が全體の20%に達し、民営病院の発展のために良好な環境を確保させる。

4.體制を改善することを強調、醫療改革の可持続性をも確保

醫療サービス監督管理機能と醫療機構運営機能を區別し、公立病院管理體制の改革を強化し、また公立病院の所有者と管理者の役割を明確させる。さらに病院資金支援経営の管理権をはっきりとさせる。

5.都市部と農村部住民大病保険を追加、病気が原因で貧困に陥った問題を解決

住民の負擔を軽減し、大病による貧困に陥る現象を減らす。保険業務の市場化を推進し、醫薬品消費市場を拡大する。

[トップベージへ] [一覧へ]

關于我們