上海嘉帆醫薬科技有限公司

新版「パテント実施強制許可方法」が実施

『醫薬経済報』 2012.5.14第54期


5月に入ると、國家知識財産権局は新たに公表した「パテント実施強制許可方法」は(第64號)(以下は「方法」と略稱)正式に実施するようになる?!阜椒ā工蠌娭圃S可申請の提出および受理、強制許可申請の審査及び決定、強制學科使用料裁決請求の審査および裁決、強制許可申請の審査と決定の中止などの規定を定めた。

「方法」は2003年6月國家知識財産権局令第31號「パテント実施強制許可方法」と2005年11月の國家知識財産権局令第3號「公共健康問題についてのパテント実施強制許可方法」の內容を合わせて細分化させた?!阜椒ā工驅g施したその日から、以上の法令を同時に廃止されるようになった。

業界では、「方法」を実施したことは、どのような影響をもたらすかを検討している際に、一部の社會組織が薬品パテントを強制的に許可させるような聲が今だに消えていない。特にエイズ、腫瘤などの分野での呼びかけは最も集中している。これらの薬品は、患者さん一人當たりの毎年の治療費は、數十萬人民元になることもある。

しかし、強制パテント許可は両刃の剣で、使うのに慎重が必要だ。國情が違うため、インドと中國の狀況は比較できない。インドでは、薬品パテントを保護してもらえず、しかも薬価をコントロールするという政策だ。薬価を大きく下げたといっても、新薬の導入をも制限されたという不利點もある。

実は、政府が強制許可を調印する可能性がある場合、製薬メーカーは往々として唯一生産メーカの地位の維持を放棄し、許可協議を通し、ほかの製薬會社にパテント薬品を生産する権利を譲る製薬企業が多いようだ。

[トップベージへ] [一覧へ]

關于我們